貸金業となる消費者金融は、総量規制の中で運営を行っています。
総量規制は聞いたことがあるでしょう。
消費者金融は総量規制の対象、銀行は総量規制対象外、よく耳にする言葉です。
さて、これがどのようなことかといえばよく理解はされていないかもしれません。

総量規制は個人の借り入れ金額の制限をすることにあRます。
貸金業から借り入れをするときには、年収の3分の1を上限とする、それが総量規制になります。
正規の貸金業であればこの総量規制の範囲を必ず確認しなくてはなりませんし、違反することができません。
契約者からの申し出に虚偽があったとしても、ある一定の金額の借り入れとなれば収入を確認しなくてはなりません。
年収の3分の1というラインを超えることができないこととなります。

総量規制があることが消費者金融のデメリットであると言われることは少なくないものの、実際には気になるようなことではありません。
というのも、借り入れ金額に制限があると言ってもおまとめローンなどの総量規制対象外のローンもありますが、それ以上にどこの金融機関であっても返済能力から判断される融資限度額になりますので借入限度額の平均は変わりありません。
問題は総量規制の対象となるかどうかではないということです。

お金を借りるにあたって考えておきたいことは実に多くなります。
自分の事情として考えること以外にも、貸金業に対する法律にはどんなことがあるのかしっかりと把握しておくことも大切になるでしょう。

by | Categories: 借り入れ | コメントは受け付けていません。

総量規制が導入され、個人でお金を借りる際には年収の3分の1までしか借りることができなくなってしまいました。そうなると困るのが、まとまったお金を借りたいときですよね。例えば自動車を購入する際にも、この総量規制は影響するのでしょうか?

総量規制は確かに個人向け貸付けを対象としたルールでありますが、まず前提として、総量規制は貸金業法で決められている仕組みであり、貸金業法下にない金融機関からの借入の場合にはこれは全くの適用外となります。つまり、貸金業者ではない銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などどいった金融機関からお金を借りる場合には、この総量規制というのは全く効力を発揮しないという訳です。

次に、消費者金融や信販会社などといった貸金業者からお金を借りるとして、自動車ローンが総量規制の影響を受けるのかどうかという点についてですが、総量規制というのはそもそも個人向けの貸付けでも全ての貸付けを対象としている訳ではありません。自動車ローン(自動車購入時の自動車担保貸付け)については総量規制対象外、細かく言えば総量規制の除外貸付けに相当します。

総量規制にはこのように対象外となる除外貸付けや例外としてみとめる例外貸付けなどというものが存在していて、貸付けの種類によっては対象外となるよう定められているのです。結果として、自動車のローンは貸金業者で借りてもその他の金融機関で借りても、総量規制対象外となる、ということです。

by | Categories: 消費者金融 | コメントは受け付けていません。

年末などの季節行事では、お付き合いなどでお金がピンチになることがよくあります。そんな時に便利なのが、申込む事でお金を貸してくれる金融会社の存在です。消費者金融や銀行系のカードローンが一般的な金融会社ですが、申込み者にとっていつ融資を受けられるかが問題です。

そこで即日融資を求める人にオススメなのが、消費者金融の無人契約機からの申込みです。申込み方法にも色々あり、今ではインターネットからの申込みも行っているカードローンですが、確実に即日融資を求めるなら無人契約機からの申込みが一番オススメです。

消費者金融が設置している無人契約機なら、申込み姿を誰かに見られる心配もなく、申込みからカード発行までの流れを、すべてアコムなどの無人契約機内で終える事が出来ます。しかも同じ室内にあるatmから、すぐにお金を借りる事が出来るため、この申込み方法が最もオススメなのです。

銀行カードローンでも即日振込みを実施していますが、条件があることから、消費者金融への申込みが確実なのです。審査には在籍確認が必要なので、勤めている会社に確認できる時間に申込みが出来れば、そのまま即日融資を受けられます。お急ぎならば、無人契約機で申込みを行いましょう。

by | Categories: 消費者金融 | コメントは受け付けていません。